春の訪れを感じる梅と青空を爽やかにレタッチする【Lightroom用フリープリセット】

大阪城の梅林

今回のサンプル写真は、大阪城公園の梅林にて梅と青空を撮ったものです。

梅と青空

Pentax K-1, smc PENTAX FA77mm F1.8AL Limited [F4.0][1/1600s][ISO100]

今年は全体的に開花が遅れているように感じますが、大阪城公園の梅林は品種も本数も非常に多い為、2月以降であれば被写体に困ることはなく、撮影を楽しむことが出来ます。

とはいえ、見頃としてはやはり2月中旬以降となるでしょう。

Before / After

全体的にハイキーとし、梅と青空のコントラストを爽やかなイメージに仕上げました。空の色は最近のマイブームであるフィルムを意識した色合いとしています。

設定

変更したパラメータの内容は次の通りです。

梅の色の鮮やかさ残しつつ明るく調整しています。空の色についてはフィルムっぽい色を出したかったので、色相のブルーをマイナスに調整しました。フィルムのレトロ感については明暗別色補正でハイライトにイエロー、シャドウにブルーをのせています。

プリセットダウンロード

「Download」ボタンをクリックすると当プリセットファイルをダウンロードすることが出来ます。

Download

その他のプリセットファイルも多数公開しています。

【無料】Lightroomに使えるオリジナルプリセット集【フリーダウンロード】
fotolierオリジナルのLightroom用プリセットファイルを多数公開しています。ダウンロード及び個人利用はフリーとなっています。各パラメータの値も公開してますので、Lightroom以外のソフトをご利用の方もRAW現像の参考にご利用ください。

桜の見頃は一瞬で終わってしまうイメージがありますが、梅は割と長く楽しむことができ、また日ごとに様々な変化があるのも嬉しいですね。

見て撮って、そしてレタッチまで思う存分楽しめたら良いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました